障害年金についての”無料”相談受付

病気やけがなどで障害が生じたときに支給される「障害年金」は、支給要件や種類が複雑で手続きも難しい!

 

「自分は障害年金の対象なのだろうか?」

 

「どこで手続きをすればいいの?」

 

「必要な書類や書き方がわからない!」

 

そんな時は、障がい者アート協会の「障害年金相談」にご相談ください。

経験豊富な入間市在住の社会保険労務士 小木曽 弘司 先生があなたの質問・疑問にお答えします。

ご相談いただくにあたっての注意点

 

  1. 障がい者アート協会の「アートの輪」へアーティスト登録されている方を対象としています。
  2. ご相談をいただいてから、お返事まで2~3日以上のお時間がかかります。
  3. お電話でのご相談も承っております。(下記、「障害年金について質問・相談する」ボタンよりご相談完了後画面に表示)
  4. 障害年金相談は無料です。
  5. 障害年金相談をご利用に関連するトラブルには一切の責任を負いかねます。
  6. 本サービスは、障がい者アーティスト様のご同意を得て、社労士の先生とアーティスト様をお繋ぎするものであり、当団体が行うのはあくまでご紹介にとどまります。実際の障害年金に関するご相談や申請のご依頼に関する内容は、アーティスト様と社労士の先生の間で直接やり取りをして頂くことになります。
  7. 当団体は、障がい者年金の申請結果及び自治体窓口とのやり取りに関して、何らかの成果を保証するものではございません。
  8. 本サービスの利用に関連又は付随して発生するトラブルや紛争等につきまして、当団体はいかなる責任も負いかねますのでご了承のほどお願い致します。

障害年金の種類

(1)障害基礎年金(国民年金)

障害の原因となった病気やけがの初診日が、国民年金の被保険者期間中であるときはもちろん、国民年金の被保険者となる前(20歳未満)や、被保険者資格を失った後(60歳以上65歳未満)である場合でも、支給の対象となります。

初診日が20歳前の方は、20歳に達したとき、また、初診日が20歳以降の方は初診日から1年6か月経過したとき(障害認定日)(*)または、それ以後で65歳になるまでの間で申請したときは、その時点で、障害の程度が、国民年金法施行令別表の障害等級表1級・2級のいずれかの状態である場合に支給されます。

 

 

(2)障害厚生年金(厚生年金)

 

厚生年金の被保険者である間に、障害の原因となった病気やけがの初診日がある場合に支給されます。

 

病気やけがによる障害の程度が、障害認定日または、それ以後65歳になるまでの間に申請した時点で、国民年金法施行令別表の障害等級表1級・2級、または厚生年金保険法施行令別表第1の3級のいずれかの状態である場合に支給されます。

 

 

 

(3)障害手当金(厚生年金)

厚生年金の被保険者である間に、障害の原因となった病気やけがの初診日がある場合に一時金として支給されます

 

障害の原因となった病気やけがの初診日から5年以内に治り(症状が固定し)、その治った日において、障害厚生年金(障害共済年金)を受けるよりも軽い障害の状態であって、障害の程度が厚生年金保険法施行令別表第2の障害等級表に定める程度である場合に支給されます

障害年金の「障害の程度」は身体障害者手帳の「等級」とは別です。

障害年金が支給される「障害の程度」については、「国民年金法施行令」および「厚生年金保険法施行令」によって障害等級(1~3級)が定められています。

 

※身体障害者手帳の等級とは異なります。

 

障害等級(法律による定義)

1級

身体機能の障害または長期にわたる安静を必要とする病状が、日常生活の用を弁ずることを不能ならしめる程度のもの

他人の介助を受けなければ日常生活のことがほとんどできないほどの障害の状態です。

 

身の回りのことはかろうじてできるものの、それ以上の活動はできない方(または行うことを制限されている方)、入院や在宅介護を必要とし、活動の範囲がベッドの周辺に限られるような方が、1級に相当します。

 

 

2級

身体の機能の障害または長期にわたる安静を必要とする病状が、日常生活が著しい制限を受けるかまたは日常生活に著しい制限を加えることを必要とする程度のもの 必ずしも他人の助けを借りる必要はなくても、日常生活は極めて困難で、労働によって収入を得ることができないほどの障害です。

 

例えば、家庭内で軽食をつくるなどの軽い活動はできてもそれ以上重い活動はできない方(または行うことを制限されている方)、入院や在宅で、活動の範囲が病院内・家屋内に限られるような方が2級に相当します。

 

 

3級

傷病が治らないで、労働が著しい制限を受けるか、または労働に制限を加えることを必要とする程度のもの

労働が著しい制限を受ける、または、労働に制限を加えることを必要とするような状態です。

日常生活には、ほとんど支障はないが労働については制限がある方が3級に相当します。

障害手当金 傷病が治ったもので、労働が制限を受けるか、労働に制限を加えることを必要とする程度のもの  

協賛企業様

Borderless Art Organisation は Google Ad Grants の参加団体です。Google Ad Grants プログラムは、Google の社会貢献の理念に賛同し、世界各国において科学技術、教育、公衆衛生、環境問題、若年者の支援、および芸術などの分野の発展に貢献する登録非営利団体を対象としています。Google Ad Grants は、Google AdWords を介したオンライン広告の掲載機会を非営利団体に無料で提供する広告プログラムです。