永代供養墓

近年「永代供養墓」という言葉をよく目にするようになりました。

これは故人やご先祖様の遺骨を寺院や霊園管理者が家族や子孫に代わり供養・管理してくれるお墓です。

 

昨今では少子高齢化や都市部への人口集中など様々な事情により、お墓の維持や管理が困難になっていたり、先祖代々のお墓を受け継ぐ後継者がいなかったりという問題がよく取り沙汰されています。

 

その為、お墓を引き継ぐ後継者や親戚に迷惑をかけないように、「永代供養」をしてくれるお墓を生前購入するという方も少なくはありません。

 

しかし、この「永代供養」とは実際どういったものなのか、正しく理解している方は意外に少ないのではないでしょうか?

 

永代供養とは

従来のお墓は家族が墓守として代々継承してきましたが、永代供養とは後継者やご家族の代わりに寺院や霊園管理者が故人の供養を永代に渡り行う事を指します。

 

その「永代供養」をしていただけるお墓を「永代供養墓」と呼びます。

 

家族に代わり寺院や霊園管理者がお墓をお守りする為、お墓の承継者がいなくても安心ということが、最大の特徴です。

 

近年は「終活」をするのが一般的になりつつありますが、永代供養墓は生前に購入することができるので、後継者に負担をかけたくないという方が、自分で準備できる事も人気の理由です。 

 

また、従来のお墓とは異なり、家族単位での墓石を準備するタイプだけでなく、合同で埋葬するタイプやマンションのようなタイプなど、ご希望の埋葬方法によって選べる事も特徴です。

 

では、実際に永代供養にはどういった費用が発生するのでしょうか?

永代供養にかかる費用

基本的に永代供養にかかる費用は、お布施、刻字料、納骨料、永代供養料の4つです。

1.お布施(おふせ)

永代供養の場合にも、お墓に遺骨を納骨する際に行われる納骨法要の時に僧侶に渡す「お布施」が必要になります。(法要を行わない場合は不要)

お布施代は一般的な法要と同様、3~10万円が相場です。

寺院や霊園によっては「永代供養料」に含まれている場合や、ご法要の義務や制限などもあるので、事前の確認が必要です。

 

 

2.彫刻料(刻字料)

「刻字料」とは、永代供養墓の石碑などに故人の名前を彫ってもらうための費用です。相場は3~5万円程度です。

刻字の際に戒名をつけてもらう場合には、お寺へのお布施が別途必要になります。

こちらも「永代供養料」に含まれている場合もありますが、刻字される場所や品物について確認は必要です。

 

 

3.納骨料

納骨場所へ遺骨を納めてもらう為の費用です。納骨場所の形状によって差がありますが、3~5万円が相場です。費用が「永代供養料」に含まれている場合もありますが、その場合、ご家族単位での納骨式が行えない場合があります。故人との最後のお別れの場となりますので、事前の確認が必要です。 

 

 

4.永代供養料

 

「永代供養料」とは、お墓の管理や維持、そして故人を供養するためにかかる費用です。

永代供養料には「墓所使用料」も含まれていることが多いのですが、契約時に確認した方がいいでしょう。

この「永代供養料」というものは、選ぶ供養の種類や形式によってかなり違ってきます。

 

 

 では今度は、実際の永代供養ができるお墓の種類やその特徴を見てみましょう。

永代供養墓の種類・形式とその費用

納骨堂(一時安置施設)

遺骨を一時的に安置して供養することのできる場所のことです。

 

こちらは一人用や夫婦用、家族用などがあり、その種類や形式で費用が異なります。

 

期間終了後は、別の場所にある合祀墓に移されます。

 

 

合祀墓(共同墓・合同墓)

供養のための記念碑などの下に、複数の方の遺骨を一緒に埋葬する供養方法です。

 

合祀墓の永代供養料は1名様3万~20万円程度なので、他の供養方法と比べてかなり費用を抑えることができます。

 

ただし、一度合祀墓に入れた遺骨は取り出せないので、将来的に遺骨を移す可能性がある場合には適しません。

 

集合墓

集合墓の場合は、石碑などはひとつですが、納骨スペースは個別に設けられています。

 

こちらの永代供養費の相場は1名様30万~50万円と、合祀墓よりも費用がかかります。

 

遺骨は個別の納骨スペースに安置されますが、その後一定期間をすぎると合祀墓に移されます。

 

単独墓

従来のお墓のように個人単位や家族単位で墓石を建立し、所定の期間が過ぎた後、合祀墓に移されるお墓です。

 

永代供養料は、1名様30万~100万円とかなり幅があり、その他に場所やプランによっては「墓石料」が別途50万~150万円ほど必要になる場合もあるので、必ず事前に確認をしましょう。

 

永代供養は文字どおりに「永遠に故人の供養をしてくれる」ものなのですが、納骨された遺骨につきましては、「集合墓」「単独墓」などをお選びになっても納骨場所に期間が設けられていて、いずれは合祀に切り替わるものが一般的です。

永代供養墓普及会の永代供養墓

永代供養墓普及会の永代供養墓(合祀墓)にかかる永代供養料は、目安としておひとりさま10万円からです。

ご先祖様や故人様を自分たちが旅立った後も、無縁仏にせず安心してご供養をお任せできるように納骨先は、いずれも地域社会に根差した由緒ある優良寺院です。

知らない方々との合祀に抵抗を持たれる方には、年数期限も合祀墓への移行もない「永代供養付個別墓」での供養をおすすめしています。

屋外型のマンションタイプで、遺骨は個室に納骨されますが、ご夫婦、あるいはご家族で一緒に入ることも可能です。

「永代供養付個別墓」の永代供養料は、おふたりで77万円からを目安としてください。

永代供養を利用するとお墓にかける費用や子孫の負担を大幅に軽減でき、無縁仏になる心配もありません。

また寺院とのお付き合いも「おひとり様でも安心してお眠りになれるお墓」を理念にしておりますので、最低限のルールはありますが、強制的なものはありません。

永代供養墓普及会では、関東近郊を中心に数多くの優良寺院と提携し、永代供養墓や樹木葬など様々な永代供養サービスを提供しております。

ご利用者のご希望やお悩みに合わせたプランをご案内しますので、お気軽にご相談ください。

協賛企業様

Borderless Art Organisation は Google Ad Grants の参加団体です。Google Ad Grants プログラムは、Google の社会貢献の理念に賛同し、世界各国において科学技術、教育、公衆衛生、環境問題、若年者の支援、および芸術などの分野の発展に貢献する登録非営利団体を対象としています。Google Ad Grants は、Google AdWords を介したオンライン広告の掲載機会を非営利団体に無料で提供する広告プログラムです。